連続ワークショップ|「メディアセブンダンスプロジェクト」

こんにちは、サポリラです!

メディアセブンでは、2018年12月から2019年2月にかけて、「メディアセブンダンスプロジェクト」を開催しています。
これは、小学3年生から大人までを対象に参加者を募集し、10日間の創作・リハーサル期間を通して、オリジナルのダンス作品をつくりあげる連続ワークショップです。
川口市立高等学校創作ダンス部や日本女子体育大学舞踊学専攻卒業生のダンサーと協力しながら、最終日である2月11日(月・祝)に川口駅東口公共広場(キュポ・ラ広場)で成果発表公演を行うことを目標に、リハーサルを重ねてきました。

公演の前に、メディアセブンダンスプロジェクトのこれまでの歩みをご紹介させてください!
(公演の詳細は記事下部にございます)


初回は2018年12月16日(日)。
住む地域も、学校も、年齢もそれぞれ違う、16人の参加者が集まりました。
全体の進行は、メディアセブンスタッフの木村絵理子が務めます。

まだお互い知らない人同士、緊張した雰囲気で始まりましたが、からだをつかって遊ぶうちに、少しずつ笑顔が見えてきました。
からだと心をほぐしたところで、さっそく作品づくりへ…

今回の作品のテーマは、ズバリ、『川』です!
川口というこの街の身近にある「川」。
川は、一滴の水が山から流れ出し、様々な生き物や環境と出会いながら、海へと向かう場所でもあります。
参加者の皆さんが関わり合い、互いに影響し合って、やがて広いところへ旅立っていく、このプロジェクトではそんな願いも込めて、『川』をテーマとしました。

まずは「川」から連想される生き物や場所、音、イメージを、自由に書き出しました。


皆さんの中から出てきた「川」にまつわるたくさんの言葉をヒントに、動きのフレーズやポーズをつくっていきます。
さらに、そのフレーズをつなげて、全員で一緒に踊るひと流れの動きにしました。


最初につくったフレーズや、それぞれがイメージする「川」のポーズを入れながら、作品全体の流れを少しずつ組み立てていきました。

12月23日(日)には、川口市立高等学校創作ダンス部の皆さんに、リハーサルに加わっていただきました。
新しい動きのアイディアを出したり、参加者の皆さんと一緒に楽しそうに練習する姿がとても印象的でした。


年が明け、回を重ねるごとに作品の全体像が見えてくると、皆さんの練習にも力が入っていきます。
「もっと踊りたい!」「むずかしい動きがしてみたい!」そんな声も上がるようになり、動きにアレンジを加えたりメリハリをつけたりと、さまざまな工夫を凝らしました。


全員がそれぞれ自由に踊る時間や、振付に関係なく走り回って遊ぶ時間もあり、皆さんの自然な笑顔が見られる作品になっています。
テーマの「川」からイメージしてそれぞれが決めたカラフルな衣装と、練習を重ねたダンス、そして楽しそうに踊る皆さんの笑顔が魅力的です。


ご協力いただいた川口市立高等学校創作ダンス部の皆さんの、しなやかでダイナミックな動きや、日本女子体育大学舞踊学専攻卒業生の皆さんのキレのある踊りも必見です(進行の木村も踊ります)!
そして音楽は、メディアセブンスタッフの岡江真一郎によるオリジナル曲!
思わず一緒に踊りたくなるような軽やかで素敵な楽曲に仕上がっていますので、音楽もダンスも、お楽しみいただければと思います。

年齢もダンス経験の有無も超えて、からだをつかって表現する楽しさやむずかしさを味わい、お互いの動きや発想を通じて学び合ってきました。
全員が川の水になり、川をつくる素材になり、川の生き物になり、川の音になって踊ります。
ぜひ、「メディアセブンダンスプロジェクト成果発表公演」に足をお運びください。

【メディアセブンダンスプロジェクト成果発表公演】
日時:2019年2月11日(月・祝日)14:00~14:30
会場:川口駅東口公共広場(キュポ・ラ広場)
※雪や雨天時:メディアセブン ワークスタジオB
対象:どなたでも
料金:観覧無料

●プログラム
①川口市立高等学校創作ダンス部(上演時間10分)
②メディアセブンダンスプロジェクト(上演時間15分)

※申込み不要
※座席は設けておりませんので、誘導に従い、広場周辺でご覧ください。
※屋外での公演となります。あたたかくしてお越しください。

詳細は→こちら


サポリラでした!

04. 2月 2019 by CDC STAFF
Categories: サポリラさん | Tags: , , , , , , , , , , , , , | 連続ワークショップ|「メディアセブンダンスプロジェクト」 はコメントを受け付けていません。