メディアセブンかるたvol.2!

みなさんこんにちは、クマです。
メディアセブンで開催されたワークショップの報告。
今日は『メディアセブンかるた』です。
かるたは色々テーマをかえて遊べるカードゲームで
かるたをひとつの「うつわ」として中身を色々なテーマに変え、
大人がユーモアも含めて遊ぶものでした。
その後、ことわざを中心にしたかるたが主流になり
子どもの遊ぶものとして定着をしていきました。
今でも何かを覚えるためのかるたとして
「都道府県かるた」や「のりものかるた」
土地のことをたくさん集めた「上毛かるた」(群馬県)などがあります。
さてここは『メディアセブンかるた』。
kuma_img_karuta2_01.JPG
まずは一般的な『犬棒かるた』で遊んでみます。
「犬も歩けば棒にあたる」の有名なあれですね。


kuma_img_karuta2_02.JPG
次に自分たちで読み札と絵札を考えます。
辞書や、ことば遊びの本からヒントをもらいつつ
自分たちの普段の生活のことが文章ににじみでます。
言葉を考え終えたら、絵札をつくります。
kuma_img_karuta2_03.JPG
「いろはにほへと・・・」の旧かな文字を抜いた全部で44文字の絵札が
ずらっと並びます。
kuma_img_karuta2_04.JPG
さて、いつも机の上でやるかるたとりとは違うので、
ルールを決めながらやります。
絵札をふまないように靴をぬぐとか、走らないなど基本的なことも。
とる人と、読み札を読む人とわかれてからはじまり!
いくつか読み札をご紹介しましょう。
く.jpg ぬ.jpg こ.jpg り.jpg
子どももつかれるし、夏の思い出かな?
ちょっとびっくりした思い出だったみたい。
生活の中の出来事や、空想のできごともたくさんありました。
大きなかるた、読み手と取り手にわかれて、
遠いので取りに行くのも一苦労!
走らないでねー!と、ルールもできるだけみんなで決めます。
kuma_img_karuta2_05.JPG
辞書をひいたり、隣の子とお話しながら決めたり
何も考えずに狙った札を取りに行ったり。
頭もからだも、たくさん使った3時間でした。
汗もたくさんかいてたけど、風邪ひかなかったかなー?
ご参加ありがとうございました!

24. 4月 2011 by CDC STAFF
Categories: クマさん | Tags: , , , , | メディアセブンかるたvol.2! はコメントを受け付けていません。