「記憶の手触り -川口と出逢う-」始まりました!

DSC_6702.JPG
今月14日から来年の3月にかけて、1本の映画を製作するというワークショップが始まりました。


映画といっても、台本やセリフがある劇映画ではなく「ドキュメンタリー映画」です。
一般的に映画というのは監督なり製作者のひとつの目線で作られていくのですが、今回のワークショップでは参加者全員がカメラを持って街へ出て、それぞれの関心に基づいた映像を撮影していきます。
講師には共に映画監督の岡本和樹さんと大澤未来さんをお招きしています。
DSC_6707.JPG
中右:岡本さん 中左:大澤さん
第一回目では岡本さんを中心にこのワークショップをはじめるにあたっての思想的、技術的なレクチャーが行われました。
「スペクタクル化している社会において、個人的な目線に立ち戻って物事を見ること」といった、少々難しい話から、実践的なインタビュー撮影の方法や、撮影させていただく方への配慮などの話まで話題はつきませんでした。
参加者には1本づつDVテープが配られ、次回までになにか映像を撮ってくるよう課題が出ました。
DSC_6688.JPG
いったいどんな映像が集まってくるのでしょうか?
いまから楽しみです!

15. 11月 2009 by CDC STAFF
Categories: イヌさん | Tags: , , , , , , , | 「記憶の手触り -川口と出逢う-」始まりました! はコメントを受け付けていません。