図書館を愉しむ選書 -Making Library in the library-

川口市中央図書館にある44万冊もの蔵書から、あるテーマに沿って「選書」をしてみませんか。ワークショップで選書された本は、しばらくの間図書館に置かれる予定です。講師には、カフェなどの書棚づくりをおこなっているブックピックオーケストラのメンバーをお迎えします。本を良く読む方も、そうでない方も、普段とはまた違った図書館を楽しめるはずです。ぜひお気軽にご参加ください。
講師:川上洋平(ブックピックオーケストラ代表)
開催日時:2012年3月24日(土) 10:00-15:00
※このイベントは終了しました
ワークショップレポートはこちら


川口市中央図書館にある44万冊蔵書から、あるテーマに沿って「選書」をしてみませんか。ワークショップで選書された本は、しばらくの間図書館に置かれる予定です。講師には、カフェなどの書棚づくりをおこなっているブックピックオーケストラのメンバーをお迎えします。本を良く読む方も、そうでない方も、普段とはまた違った図書館を楽しめるはずです。ぜひお気軽にご参加ください。
開催日時:2012年3月24日(土) 10:00-15:00
※このイベントは終了しました


【ワークショップレポート】 
図書館を愉しむ選書─Making Library in the library─
本のソムリエシリーズ


p24-25_img_07.JPG
読んだことのある本を手に取ってみる方も


開催日時:2012年3月24日(土) 10:00-15:00
開催場所:ワークスタジオB、中央図書館
参加人数:13名
参加費:800円
参加対象:高校1年生-大人
協力:川口市立中央図書館
講師:川上洋平(ブックピックオーケストラ代表)
profile:2003 年に共同で、本のある生活をふやすために、新たな本のあり方を模索し、人と本が出会う素敵な偶然を演出するユニット「ブックピックオーケストラ」を立ち上げる。現在、同ユニット代表。渋谷SUNDAYISSUE、益子STARNET での古書の展示販売や、イベントに合わせた本の選書、ワークショップの企画など、さまざまな場所で本の魅力を紹介する活動を行う。


内容:「図書館を愉しむ選書」では、読書好きの大人たちと選書を楽しみました。
まずは「表紙につかわれている色」をポイントに、一人2-3冊の本を選びます。そして、本同士に共通するキーワードを見つけ、つながりをつくります。一連のつながりが出来たら完成です。ミステリー小説と児童書の間に思わぬつながりが見つかりもしました。
普段手に取らない本でも、ふとしたきっかけで出会う可能性があることが、本との出会いの魅力のひとつだと再認識する機会となりました。
当日の様子movie(CDCCAST)
講師インタビューinterview(CDCCAST)
関連展示レポートreport(サイト内)


p24-25_img_05.JPG
本の選び方を説明する講師の川上洋平さん
p24-25_img_06.JPG
図書館の案内図を見ながら、グループごとに相談
p24-25_img_01.JPG
一冊一冊、吟味しながら選書します
p24-25_img_08.JPG
外国語の本も気になります
p24-25_img_02.JPG
内容を踏まえて本と本のつながりを考えます
p24-25_img_03.JPG
黄色のチームが選んだ本たち
p24-25_img_04.JPG
本と本のつながりを説明中


関連展示
「図書館を愉しむ選書」成果展示


開催日時:2012年3月25日(日)-4月3日(火)
開催場所:中央図書館5階
内容:選書された本が、図書館の新着コーナーに特別展示されました。本と本のつながりが分かるようになっており、一冊一冊の本に選者のコメントが書かれたカードが挟まれています。手に取って読んでいく図書館の利用者も数多くいらっしゃいました。


p24-25_img_e01.JPG
青、黄、緑からなる本棚が完成しました
p24-25_img_e02.JPG
本と本のつながりも一目瞭然

24. 3月 2012 by CDC STAFF
Categories: ワークショップ | Tags: , , , , , , | 図書館を愉しむ選書 -Making Library in the library- はコメントを受け付けていません。