workshop – 身体でつかまえる音 参加型即興演奏コンサート 1/5

このコンテンツをご覧になるには、最新のFlashプラグインが必要です。ダウンロードしてご覧ください。



収録日:2010年2月14日、28日

▼ ワークショップについて
川口市内の鋳物工場で即興演奏コンサートを開いてみませんか。工場の中での音の響きを身体で感じながら、自分で音を鳴らし、他の人が鳴らす音と重ねていきます。楽器ができなくても大丈夫。自分の身体や工場にある物をつかって音楽をつくりましょう。
協力:芝川鋳造株式会社

▼ プロフィール
山口晋似郎(音楽家)
主にオーディオミキサーやギター、ガラスのコップやその他の物等を使用するが、あまり手法にはこだわらず、音の起こる場と流れる時間の「間隔」を大切にした演奏を行なう。これまで、ソロ作品『郊外』(2008年10月, CherryMusic)、川口貴大とのデュオHelloでの作品『Hello』(2009年6月,Ftarri)など、国内外のレーベルからいくつかの作品を発表。
浦裕幸(音楽家)
バンド活動を中心に、最新のプロジェクト・Humgまで、物との触れ合いや日常との繋がりをテーマに、様々な形で音楽に関わる活動を並行して継続中。自身が関わる全ての作品の録音を行うほか、2004年より音楽レーベルを中心とした活動・TWOLINESを運営。

04. 6月 2010 by CDC STAFF
Categories: ワークショップアカデミー | Tags: , , , , , , , | workshop – 身体でつかまえる音 参加型即興演奏コンサート 1/5 はコメントを受け付けていません。