粘土でフィギュアをつくろう!

2016年5月22日(日)は粘土でフィギュアをつくろう!が開催されました。
160522WS (24)


160522WS (2)
講師はフィギュア作家のタカハシカオリさんです。

160522WS (1)
胴体は一つひとつタカハシさんの手によってつくられています。
まずは胴体を選びます。手作りなのでいろんなかたちのものがありますが選ぶのは早いもの勝ちです。

160522WS (3)

160522WS (4)

160522WS (6)
早速選んだ胴体につける頭部をつくります。ヘラなどをつかって表情をつけていきます。
どんな顔でもOKです。

160522WS (12)
160522WS (10)

160522WS (13)

つくった頭部が乾いて固まるのを待つ間、胴体の色を塗っていきます。

160522WS (16)
丁寧に塗られていてとてもきれいです。

160522WS (14)160522WS (19)
160522WS (11)
そうこうしている間に頭部も乾燥し、こちらにも色を塗っていきます。

160522WS (22)

160522WS (25)

160522WS (26)

160522WS (27)
絵具やニスが乾くのを待つ間、つくったフィギュアの名前や趣味、口癖など設定を考えます。
考える設定はたくさんあります。この設定を基に、これから皆さんの中でストーリーも生まれてくるのでしょうか。聞いてみたいです。

160522WS (32)

160522WS (20)
最後はバラエティに富んだ顔のフィギュアが並んでの集合写真です。
異なった世界観のフィギュア同士が並んでいても違和感なく、大人も子どもも想像のできない仕上がりになっていたのがとても印象的でした。

講師:タカハシカオリ(フィギュア作家)
プロフィール:1983年 東京都生まれ。2006年 武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科卒業。卒業後、フィギュアイラストレーター・デハラユキノリ氏に師事。現在、作家・イラストレーターとして、東京を拠点に活動中。不定期でフィギュアをつくるワークショップを開催中 

27. 5月 2016 by CDC STAFF
Categories: サキワレスプーンさん | コメントは受け付けていません。