ぐうぜんと文字

みなさんこんにちは、クマです。
とつぜんですが、メディアセブンの壁はちょっと特別で
マーカーで描いたり消したりできること知っていましたか?
「ぐうぜんと文字」ワークショップでは、その壁をふんだんに使って
グラフィックデザイナーの大原大次郎さんと「もじ」で遊びました!
img_kuma_moji_01.jpg


まずは自己紹介。
名前を口に出す前に自分の手でかいてみます。
img_kuma_moji_02.jpg
次に自分のかくオノマトペ(擬音語・擬態語)をくじで決めます。
何がでるかな?
img_kuma_moji_03.jpg
いろいろな方法を試しながらかいてみます。
img_kuma_moji_04.jpg
あれ?これはどうなっているのでしょう…?
(答えは鏡!なかなかむずかしいんです)
img_kuma_moji_05.jpg
フィグラがいっぱいになったら、消します。
高いところは脚立をつかって。。
img_kuma_moji_06.jpg
でもせっかくなので、記念写真も撮りました!
img_kuma_moji_07.jpg
6種類の方法にチャレンジしたあとは
オリジナルオノマトペを考えます。
発音してみて面白いものや、文字が並んでおもしろいものなど…。
なかなかむずかしいけれど
「はて?」というオノマトペがそろいました。
大原さんにも見てもらいながら
オリジナルオノマトペを「くじ」で引いて
フィグラにかきこみます。
img_kuma_moji08.jpg 
最後には大原さんのお仕事紹介!
どこかで見たことあるものもありませんか?
img_kuma_moji_10.jpg
ここにあるのは、本当にほんの少しですが
大原さんは「もじ」をつかって
広告や本の表紙、CDの全体のイメージをつくるなど
たくさんの文字と付き合う仕事をしています。
一方で、文字をかくこと、かかれる環境や見られる空間などを意識して
展覧会での作品発表などもしています。
参加したみんなが、いつもとは違う「もじ」のかき方
くじをひいたことの偶然から生まれたものを
普段の生活にちょっとおりこんでみたら
また別の偶然がうまれて、新しい風景が見えるかもなと思いました。
大原さんの活動は、こちら●でチェックしてくださいね!
参加者のみなさん、大原さん、
みやぞえさん、あのさん、ありがとうございました◎

16. 7月 2012 by CDC STAFF
Categories: クマさん | Tags: , , , , , , , | ぐうぜんと文字 はコメントを受け付けていません。