【記念上映会・トークイベント】
「記憶の手触り」

kioku_joei_bn

【開催日】12月27日(日)
『うつろいの木』10:00~11:30/15:30~17:00
『隣ざかいの街-川口と出逢う-』13:00~15:00
『上映記念トーク』 17:00~17:45
ゲスト:岡本和樹(映像作家)、小谷忠典(映画監督)、萩野亮(映画評論家)

入場料:無料


特別上映会「記憶の手触り」 ―川口と出逢う― ―街の葉脈―

 川口市に住む一般の生活者が、映像創りを通して他者・世界に出逢う。そして私自身を発見する。ワークショップ「記憶の手触り」はそうして始まった。第一弾「川口と出逢う」ではドキュメンタリー創りを通じて。第二弾「街の葉脈」はフィクション創りを通じて。

「ふだん何気なく見ている景色。そこには自分とは違う価値観をもった他人が生活し、その集合として社会が形成されている。でも、ひとは自分の生活に関係するもの以外にはなかなか目を向けようとしない。「わたし」の領域でしか生きていない。それでも、会社や学校・家族・国家など、集団に属さないと生きていけない部分もある。そこでの軋轢が今この社会における最大の問題となっているのではないか。2011年3月11日以後、特に。その「わたし」の領域から一歩外に出て、自分とは違った価値観の他者・世界に出逢うことが「記憶の手触り」というワークショップの目的でした。そこで出逢ってしまった他者や世界を「わたし」がどう受け止めるのか、それは新たな自分を発見することでもあります。この映画は、それを集団で行う事で見えてきた他者や世界の「かたち」であり、参加者それぞれの「わたし」の記録でもあります。」

 岡本和樹


記憶の手触り-街の葉脈-
kioku_joei_400_01

kioku_joei_400_02

kioku_joei_400_03

『うつろいの木』
12月27日(日)10:00~11:30 / 15:30~17:00

 参加者自身が脚本を書き・演技をすることで作ったフィクション部。そこにメイキング映像を織り交ぜ、過程も含めて一本の作品とした。自己の正義と相いれない他者との葛藤が現実と虚構の境界を超えて浮かびあがる。物語化を拒否する手法がテーマと響き合う。

指揮・編集:岡本和樹 / 脚本指導:大鋸一正
脚本・出演:小野瀬理津 加藤亜依 高橋駿 立花静子 遠山正子
中尾幸子 村松誠 本橋隆夫 森純子 脇阪昭
撮影:岡本和樹 刀祢平喬 / ブルーレイ / 2015年
制作:石田亮介 メディアセブン


記憶の手触り-川口と出逢う-
P1020821
『隣ざかいの街-川口と出逢う-』
12月27日(日)13:00~15:00

集団創造ドキュメンタリー。ふだん見ているようで見ていない街の姿、そこに住む人。ワークショップ参加者は、カメラを持つことで隣に住んでいながら言葉を交わすこともない他者に出会っていく。写真家、鋳物工、和竿師、町会長、豆腐屋など。そこから見えてきたものの記録。

指揮・編集:岡本和樹/共同指導:大澤未来/撮影:古渡依里子、中尾幸子、高橋伸弥、高橋ルミ、今村勇輔、長尾龍太郎、木村怜子、小西隆博、村松誠、吉田博之、吉田洋子/出演:小泉国男(アマチュア写真家)、寺島萬里子(医師/写真家)、仲野鋳造産業の皆さま、増田健治(三代目竿よし)、山野正幸(二代目竿昭作)、川田光男(川田屋豆腐店)、中村耕児(本町四丁目町会長)ほか


上映記念トーク
12月27日(日)17:00~17:45

岡本和樹(映像作家)、小谷忠典(映画監督)、萩野亮(映画評論家)

プロフィール:

小谷忠典(映画監督)
1977年生。初劇場公開作『LINE』(2008年)から、フィクションやドキュメンタリーの境界にとらわれない、意欲的な作品を製作。映画『100万回生きたねこ』(2012年)は10カ国以上の国際映画祭に入選。最新作『フリーダ・カーロの遺品 石内都、織るように』が全国公開中。

萩野亮(映画批評)
1982年生。ドキュメンタリーマガジン『neoneo』編集委員、立教大学ほか非常勤講師。編著『ソーシャル・ドキュメンタリー 現代日本を記録する映像たち』、共著『アジア映画で〈世界〉を見る 越境する映画、グローバルな文化』など。「キネマ旬報」星取評ほかに寄稿。

岡本和樹(映像作家)
1980年生。あがた森魚と共同監督した月刊日記映画の試み(2007年1月~8月)や、寺山修司の行った演劇実験「市街劇」をテーマにした『世界の涯て』(2007年)など、映像に限らず表現が現実とどう関係をもつのかを探求。近年は一般生活者と共同での集団創作を模索。

—————————————————-
開催場所:川口市メディアセブン プレゼンテーションスタジオ
http://www.mediaseven.jp/access.html

対象:どなたでも
定員:各回先着100名
主催:川口市メディアセブン
運営:NPO Community Design Council
申込:不要、入場無料(先着順)

※申し込みは不要ですので、上映当日に会場までお越しください。開場は上映30分前です。
※なお定員を超えた場合は入場できませんので予めご了承下さい

27. 10月 2015 by CDC STAFF
Categories: 講座・セミナー, 上映会 | Tags: , , , , , , , , | 【記念上映会・トークイベント】
「記憶の手触り」 は
コメントを受け付けていません。