本の上の映画館2013年3月

本の上の映画館3月
3月9日(土)- 3月31日(日)開催
「ドクトル・ジバゴ」


開催期間:2013/3/9 – 2013/3/31
定員:80名 / 入場無料
場所:プレゼンテーションスタジオ
主催:川口市立中央図書館
運営:NPO Community Design Council
本の上の映画館2013年3月の特集
「ドクトル・ジバゴ」
9日[土] 14:00-
「ドクトル・ジバゴ<1>」
原作:ボリス・パステルナーク/監督:アレクサンドル・プロシュキン/出演:オレグ・メンシコフほか/2005年/ロシア/93分/DVD/字幕
1905年、ロシア。モスクワへと向かうシベリア鉄道の中で、弁護士コマロフスキーは仕立て屋の娘ラーラと出会う。
一方、モスクワでは医学生でもあるユーリ・ジバゴは詩人としても名を挙げていた。
14日[木] 19:00-
「ドクトル・ジバゴ<2>」
原作:ボリス・パステルナーク/監督:アレクサンドル・プロシュキン/出演:オレグ・メンシコフほか/2005年/ロシア/91分/DVD/字幕
1914年、ロシアは第1次大戦に突入し、ドイツとの戦争が始まり、首都モスクワから軍隊が前線に出発していく。
そんな激動の最中、軍医としてウクライナ戦線で働くジバゴは看護婦として来ていたラーラと再会した。
19日[火] 19:00- 
「ドクトル・ジバゴ<3>」
原作:ボリス・パステルナーク/監督:アレクサンドル・プロシュキン/出演:オレグ・メンシコフほか/2005年/ロシア/89分/DVD/字幕
自分もまた家庭を持ち、共に子供もいる身でありながら、ジバゴとラーラは惹かれ合っていた。
しかしやがて、ラーラはジバゴの元を去ることになる。
そして、モスクワの家族の元に帰ったジバゴは、飢えと物資の不足にあえぐ現状を目の当たりにする。
27日[水] 19:00-
「ドクトル・ジバゴ<4>」
原作:ボリス・パステルナーク/監督:アレクサンドル・プロシュキン/出演:オレグ・メンシコフほか/2005年/ロシア/93分/DVD/字幕
異母弟のエフグラフの勧めでジバゴ一家は、ベリキノにあるアレキサンドルの別荘に移り住むことにしたジバゴ一家。
モスクワからようやく乗り込んだ列車はモスクワを離れる人々で一杯になっていた。
31日[日] 14:00-
「ドクトル・ジバゴ<5>」
原作:ボリス・パステルナーク/監督:アレクサンドル・プロシュキン/出演:オレグ・メンシコフほか/2005年/ロシア/140分/DVD/字幕
軍医を必要とするパルチザンに捕らえられたジバゴは、雪山で彼らと行動を共にしていた。
無残な戦いを目の当たりにし、目的を見失った彼は雪の中を歩き、ラーラの住むアパートへと向かった。
DR_small.jpg
M7-1303-cinema_OMOTE.jpg

29. 1月 2013 by CDC STAFF
Categories: 上映会 | Tags: , , , | 本の上の映画館2013年3月 はコメントを受け付けていません。