ぐうぜんと文字

「ジャーン!」「 ドキドキ」「モクモク」「ゴゴゴゴゴ…」 漫画を読んでいるとたくさん出てくる<オノマトペ>。この文字たち、よく見るとそれぞれ特徴的なかたちをしています。ワークショップでは、さまざまなことをヒントにしながら、自分で文字のかたちをつくり出します。書くことが得意じゃなくても問題なし!独自のタイポグラフィデザインをもって活躍する、大原大次郎さんを講師にお迎えします。
講師:大原大次郎(グラフィックデザイナー)
開催日時:2012年6月23日(土) 13:00-16:00
※このイベントは終了しました
イベントレポート


文字のかたちを探ってみよう

開催日時:2012年6月23日(土) 13:00-16:00
※このイベントは終了しました
イベントレポート


「ジャーン!」「 ドキドキ」「モクモク」「ゴゴゴゴゴ…」 漫画を読んでいるとたくさん出てくる<オノマトペ>。この文字たち、よく見るとそれぞれ特徴的なかたちをしています。ワークショップでは、さまざまなことをヒントにしながら、自分で文字のかたちをつくり出します。書くことが得意じゃなくても問題なし!独自のタイポグラフィデザインをもって活躍する、大原大次郎さんを講師にお迎えします。
guzentomoji01.png


定員:20名
参加費:800円
対象:小学3年生-小学6年生
講師大原大次郎(グラフィックデザイナー)
プロフィール:1978年神奈川県生まれ。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。タイポグラフィを基軸としたデザインワークや映像制作に従事するほか、文字のZINEシリーズ『MOZINE』の発行、国内外でのワークショップ、展示、レクチャーなど、自発的なデザイン活動を展開する。


【ワークショップレポート】

ぐうぜんと文字
文字のかたちを探ってみよう


p32_img_01.JPG
大きな壁に文字を描きます


開催日時:2012年6月23日(土) 13:00-16:00
開催場所:メディアセブン ワークスタジオB
参加人数:10名
参加費:800円
参加対象:小学3年生-小学6年生
講師大原大次郎(グラフィックデザイナー)
プロフィール:1978年神奈川県生まれ。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。タイポグラフィを基軸としたデザインワークや映像制作に従事するほか、文字のZINEシリーズ『MOZINE』の発行、国内外でのワークショップ、展示、レクチャーなど、自発的なデザイン活動を展開する。


内容:「ジャーン!」「ドキドキ」「モクモク」。漫画のコマに出てくるオノマトペは、どれも特徴的な字形をしています。そのオノマトペのかたちをつくりました。メディアセブンの壁がキャンバスです。まずは「もじ」のくじを引きます。そこに示されたオノマトペを、いつもとは違ったやり方で描いてみると、見たことのない線や思わぬかたちが現れます。いろいろなやり方を試したら、最後にオリジナルのオノマトペを描いて披露しました。いつもは鉛筆を手にして〈書く〉文字を、全身をつかって〈描く〉ことで、参加した子どもたちは文字をかたちとして〈描く〉ことの本質を実感するきっかけになったようでした。
当日の様子(movie/CDCCAST)
大原大次郎さんのインタビュー(movie/CDCCAST)


p32_img_02.JPG
講師の大原さん

p32_img_08.JPG
大原さんのお仕事を見せてもらいます

p32_img_03.JPG
円盤をつかって文字を書きます

p32_img_04.JPG
手元を見えなくして文字を書きます

p32_img_05.JPG
鏡を見ながら後ろ向きで文字を書きます

p32_img_06.JPG
何と書かれているのでしょう?

23. 6月 2012 by CDC STAFF
Categories: ワークショップ | Tags: , , , , , | ぐうぜんと文字 はコメントを受け付けていません。