本の上の映画館2010年3月

本の上の映画館3月
3月2日(火)ー 3月28日(日)開催
※本イベントは終了しました
「ALL LIVING THINGS -いのちのうた-」


開催期間:2010/3/2〜 2010/3/28
※本イベントは終了しました
定員:80名 / 入場無料
場所:プレゼンテーションスタジオ(視聴覚ホール)
主催:川口市立中央図書館
運営:メディアセブン
本の上の映画館2010年3月の特集
「ALL LIVING THINGS -いのちのうた-」
2日[火] 19:00-
「蟹工船」
kani_small.jpg
脚本・監督・出演:山村聡/原作:小林多喜二/出演: 森雅之、日高澄子他/1953年/日本/109分/DVD/日本語
戦前に地獄船、海のタコ部屋といわれた奴隷労働の世界、蟹工船。働き手を消耗品扱いする非人間的な労働環境と、暴力、脅しに耐えかね、労働者たちはついに立ち上がる。しかし待っていたのは国家による徹底的な圧殺だった。現代で再び注目を浴びるプロレタリア文学の名作。
13日[土] 15:00-
「ミリキタニの猫」
neko_small.jpg
監督・脚本: リンダ・ハッテンドーフ/出演: ジミー・ツトム・ミリキタニ他/2006年/アメリカ/74分/DVD/字幕
世界同時多発テロが起こった2001年9月11日。ニューヨークで平然と絵に熱中している男がいた。カリフォルニアで生まれ、大戦中は日系人強制収容所に送られた過去を持つジミー・ミリキタニの、アメリカに抵抗して自ら市民権を捨てた反骨の人生を追う。
18日[木] 19:00-
「ナミイと唄えば」
namii_small.jpg
監督:本橋成一/出演: 新城浪他/2006年/日本/98分/DVD/日本語
土沖縄生まれの”ナミイ”こと新城浪、85歳。9歳で那覇のお座敷に身売りされて以来、人生はずっと歌と三線と共にあった。彼女の願いは歌って遊んで人を喜ばせながら、ヒャクハタチまで生きること。ナミイの歌三線の世界は海を越え、歌と旅の物語が始まる。
28日[日] 15:00-
「殯(もがり)の森」
mogari_small.jpg
脚本・監督:河瀬直美/出演:うだしげき、尾野真千子他/2007年/日本=フランス/97分/DVD/日本語
奈良県東部の山間にある旧家を改装したグループホームに暮らすしげきと、子どもを亡くした喪失感を抱えて生きていた新任介護福祉士の真千子。ある日、二人はしげきの妻が眠る森に、墓参りへと出かけていく。原初のエネルギーあふれる盛夏の森で彼らを待ち受けていたものとは…。
1003_cinema_omote_mini.jpg

02. 3月 2010 by CDC STAFF
Categories: 上映会 | Tags: , , , , , | 本の上の映画館2010年3月 はコメントを受け付けていません。