メディアセブンの写真学校 飯沢耕太郎(写真評論家)

【開催日】2009年10月9日[金]、11月13日[金]、12月11日[金]
     2010年1月8日[金]、2月12日[金]、3月12日[金]
※本イベントは終了しました
– 写真を知れば、もっとうまくなる –
写真評論家の飯沢耕太郎さんを迎えた連続写真教室。毎回テーマを決めて、写真家による作品や写真集の紹介と、参加者各自が撮影した写真の講評会を行います。人や街、モノといった、多くの写真家が取り組みつづけてきたテーマに挑戦しながら、自分の作品集をつくります。最終的には、参加者によるグループ写真展の開催もめざします。「写真をうまく撮りたい。」そう思う方なら経験や技術は問いません。
ぜひご参加ください。


【開催日】2009年10月9日[金]、11月13日[金]、12月11日[金]
     2010年1月8日[金]、2月12日[金]、3月12日[金]
※本イベントは終了しました
– 写真を知れば、もっとうまくなる –
写真評論家の飯沢耕太郎さんを迎えた連続写真教室。毎回テーマを決めて、写真家による作品や写真集の紹介と、参加者各自が撮影した写真の講評会を行います。人や街、モノといった、多くの写真家が取り組みつづけてきたテーマに挑戦しながら、自分の作品集をつくります。最終的には、参加者によるグループ写真展の開催もめざします。「写真をうまく撮りたい。」そう思う方なら経験や技術は問いません。
ぜひご参加ください。
講師:飯沢耕太郎(写真評論家)
1980年代より写真評論家として第一線で活躍しつづけ、現在に至る。写真専門誌『deja-vu』を創刊するほか、代表的な写真公募展「写真新世紀」、「ひとつぼ展」の審査員を設立当初よりつとめる。著書は『ジャパニーズ・フォトグラファーズ』(白水社)、『増補 戦後写真史ノート』(岩波現代文庫)など多数。
■応募条件:
2009年10月9日(金)・11月13日(金)・12月11日(金)
2010年1月8日(金)・2月12日(金)・3 月12日(金)
各回とも19:00 – 21:00
※3月12日(金)は講評会のみとなります。
※各回のテーマにあわせて参加者が撮影した写真は、翌月の講座にて講評します。
特定の回だけ参加される方は、その翌月にも参加いただく必要があります。
※11月以降は、冒頭に前月の参加者に対する講評会を行った後、レクチャーをはじめます。特定の回だけに参加される方もぜひ冒頭よりご参加ください。
■参加費:
6回連続参加の場合10,000円/特定回の参加の場合1回2,400円
※応募者多数となり抽選になった場合は、連続での申し込まれた方を優先します。
※参加にあたっては飯沢耕太郎著『写真を愉しむ』(岩波新書)をお買い求めください。
メディアセブンでは10月より参加者限定価格700円にて販売します。
※聴講のみの参加もできます。参加費は、1回800円。
対象:高校1年生 – 大人
定員:各回16名
■申込先:
参加するには事前申込が必要です。下記の3つの方法からお選びください。
1)来館
2)メール event@mediaseven.jp イベント名・希望参加日・〒・住所・参加者氏名
・ふりがな・年齢・電話番号を記入の上送信。
3)往復はがき イベント名・希望参加日・〒・住所・参加者氏名・ふりがな・年齢・電話番号を記入の上締切日必着で郵送。
申込締切:9月30日[水]※申込状況に応じて二次募集を行います

11. 9月 2009 by CDC STAFF
Categories: ワークショップ | Tags: , , , , , , , , , | メディアセブンの写真学校 飯沢耕太郎(写真評論家) はコメントを受け付けていません。