メディアをめぐる、7つの話 第二話 出版|松田行正

8月7日[木]開催
2008年7月より3ヶ月にわたり、「メディアをめぐる、7つの話」と題した連続トークセッションを開催します。 モデレーターに編集者・翻訳家である二木麻里さんを迎え、多木浩二さんやレイ・ハラカミさん、土屋豊さんなど7組の話し手に迎え、その思索と実践についてお話いただきます。
第二回目となる8月7日は、出版をテーマに松田行正さんを講師にお迎えします。
※終了しました。レポートはこちらです。


※終了しました。レポートはこちらです。
写真、本、音楽、コンピュータ、ビデオ、インターネット、映画―
わたしたちの生活のなかにありふれたメディアたち。それらメディアを考え、そしてつくる人たちの話に耳を傾け、ふだんはあまり意識しない「メディアとわたしたちの関係」をふりかえり、その関係のあり方をさぐってみませんか?
各分野で先端をゆく7組の話し手を迎え、メディアの現在性と可能性について語ります。
その第二回目は出版をテーマに、批評家の松田行正さんをお迎えします。
概要
7回連続トークセッション「メディアをめぐる、7つの話」
第一話 出版|松田行正(グラフィックデザイナー/牛若丸出版主宰)
「書物と印刷の限界を冒険する」
時 間:8月7日[木] 18:30-20:30(開場18:00)
    ※申込締切:7月22日[火] 
    ※お席に若干の余裕がございますので、お申込みを受付けております。
場 所:プレゼンテーションスタジオ
参加費:無料
主 催:メディアセブン
講師プロフィール
雑誌や書籍を中心に、グラフィックデザインやCI計画などを手がけつつ、自身が主宰する牛若丸出版から「本総体としてオブジェらしい本」と自らが呼ぶ、本のイメージを超えた本をデザインし、出版する。本とその歴史への深い愛をもって、存在感溢れる本を世に問い続けるグラフィックデザイナー。
http://www.matzda.co.jp
申込方法
参加するには事前申込が必要です。下記の3つの方法からお選びください。
* 応募者多数の場合は抽選となりますのでご了承ください。
* 抽選結果は結果の如何にかかわらず、申込締切後、メールもしくははがきでご連絡させていただきます。
1. 来館
メディアセブンカウンターにて申し込み。
2.メール
event@mediaseven.jp
参加希望ワークショップ名・日時・郵便番号・住所・参加者氏名・ふりがな・年齢・電話番号を明記の上、送信。
3.往復はがき
往信欄に参加希望ワークショップ名・日時・郵便番号・住所・参加者氏名・ふりがな・年齢・電話番号を記入、返信欄の表に申込者の住所・氏名を記入の上、
〒332-0015 埼玉県川口市川口1-1-1 キュポ・ラ本館棟7F
メディアセブン
宛に、申込締切日必着にて郵送。
今後の予定
8月21日[木] 18:30-20:30(開場:18:00)
第三話 音楽|レイ・ハラカミ(電子音楽家)×西郡勲(映像作家)
「機械が奏でる肌触りを聴く」
※申込締切:8月12日[火]
9月4日[木] 18:30-20:30(開場:18:00)
第四話 コンピュータ|藤田善弘(NEC)+ぜんじろう(吉本興業)
「ロボットのいる日常を想像する」
※申込締切:8月26日[火]
9月18日[木] 18:30-20:30(開場:18:00)
第五話 ビデオ|土屋豊(映像作家/ VideoAct! 主宰)
「ビデオで社会を変える」
※申込締切:9月9日[火]
10月2日[木] 18:30-20:30(開場:18:00)
第六話 ネットワーク|前田邦宏(「関心空間」主宰)
「つながりをデザインする」
※申込締切:9月23日[火]
10月21日[火] 18:30-20:30(開場:18:00)
第七話 映画|田井肇(シネマ5 支配人)
「新しい映画館のかたちをつくる」
※申込締切:10月12日[日]
yuz_img_mm7_001.jpg

26. 7月 2008 by CDC STAFF
Categories: 講座・セミナー | メディアをめぐる、7つの話 第二話 出版|松田行正 はコメントを受け付けていません。