ひかりのひろば|イロイロイロのかげになろう

メディアセブンにひかりのひろばが出現。セロファンや色紙、アルミホイルをちぎってまるめて、くっつけて・・・。いろんな色のいろんなかたち、はたしてどんなシルエットができるかな?
講師:ドゥイ(アート・ユニット)
開催日時:2008年6月1日(日) 14:00 – 16:00
*このイベントは終了いたしました。
ワークショップレポートはこちら


メディアセブンにひかりのひろばが出現。セロファンや色紙、アルミホイルをちぎってまるめて、くっつけて・・・。いろんな色のいろんなかたち、はたしてどんなシルエットができるかな?
開催日時:2008年6月1日(日) 14:00 – 16:00
*このイベントは終了いたしました


【ワークショップレポート】
ひかりのひろば
イロイロイロのかげになろう


開催日時:2008年6月1日(日) 14:00 – 16:00
開催場所:ワークスタジオB
参加人数:21名
参 加 費:300円
参加対象:小学1年生 – 大人
講師:ドゥイ(アート・ユニット)
小野亜斗子と轟岳によるユニット。アートを人/物/事とのコミュニケーションの手段とすべく活動。身近に起きている現象を変調させ、日常感覚を大切にしながらも非日常を味わえる作品を制作している。また、創作行為を通して子ども自らが考え、発見や研究を楽しめる場を提供したいと、「こども造形教室」を開いている。http://www.duilab.com


内容:「ひかり」と「かげ」をモチーフとした造形ワークショップ。さまざまな素材をちぎったり丸めたりくっつけたりしてかたちをつくり、その影を壁に映します。当日は小学校低学年の参加者が多く、最初は素材で遊んでしまった子どももいました。しかし、だんだん「影にしたらおもしろそうな形」を想像しながら工作できるようになっていきました。はじめは影をうまく認識できずにいた子どもも、実際の造形物と影の違いを少しずつ意識し始め、造形の楽しさが分かってきたようです。また、壁に投影された映像の効果により、影の大きさが変わっていく様子も楽しむことができました。


関連展示:「ひかりのひろば」
展示期間:2008年5月12日(月) – 6月1日(日)
展示場所:ワークスタジオB
内容:ワークスタジオBの2面の壁に、浮遊感のある映像を大画面で投影しました。映像の前では、立つ位置によって自分の影が大きくも、また小さくもなります。映像の一部に取り込まれるような、不思議な感覚にさせられる展示でした。
w01_080601_099.jpg
w01_080601_070.jpg
w01_080601_148.jpg

01. 6月 2008 by CDC STAFF
Categories: ワークショップ, 展示 | ひかりのひろば|イロイロイロのかげになろう はコメントを受け付けていません。