本の上の映画館 2008年1月 「フィルム・ノワールの誘惑 – walking on the wild side – 」

※本イベントは終了しました
フィルム・ノワールの誘惑・・・
たとえそれが、不実な誘いであると分かっていても、一度目撃してしまえば、その誘惑に決して抗うことはできないのだ。


開催期間:2008/1/6 ~ 2008/1/25
※本イベントは終了しました
定員:80名 / 入場無料
場所:プレゼンテーションスタジオ(視聴覚ホール)
主催:川口市立中央図書館
運営:メディアセブン
※開場は上映開始の30分前です。
※申し込みは不要ですので、上映当日に会場までお越しください。
※上映作品は図書館所蔵の館内上映権付の映画です。
本の上の映画館2008年1月の特集
「フィルムノワールの誘惑 – walking on the wild side – 」

1月6日(日)15:00-
「男の争い」
監督:ジュールス・ダッシン/出演:ジャン・セルヴェほか/
1955年/フランス/118分/字幕/DVD
『裸の街』『街の野獣』で都市の生態をリアルに
描いたジュールス・ダッシン監督・出演による
フレンチ・フィルムノワールの傑作。
ストイックな、男たちの「仕事」の世界がここにある。
1月11日(金)19:00-
「ストリート・オブ・ノー・リターン」
監督:サミュエル・フラー/出演:キース・キャラディンほか
1989年/フランス・ポルトガル/93分/字幕/DVD
“映画は戦場だ”1950年代から1960年代にかけての
ハリウッドで、低予算の異色作を次々と世に送った
サミュエル・フラーが撮り上げた、
アクションとエモーションに満ちた傑作。
1月12日(土)15:00-
「天使が隣で眠る夜」
監督:ジャック・オディアール/出演:マチュー・カソヴィッツほか
1994年/フランス/96分/字幕/DVD
男たちの人生が交錯し、そこで生じる犯罪と苦悩を描いたサスペンス。
アメリカのミステリー作家、テリー・ホワイトの「真夜中の相棒」を
フランスで映画化した作品。
1月25日(金)19:00-
「キッスで殺せ」
監督:ロバート・アルドリッチ/出演:ラルフ・ミーカーほか
1955年/アメリカ/106分/字幕/DVD
反骨の巨匠、ロバート・アルドリッチ監督が自らの作家性を
全開にして挑んだハードボイルドサスペンス。
赤狩りに揺れた当時のアメリカの空気を吹き飛ばす恐るべき傑作。
2008年1月映画_web.jpg

26. 12月 2007 by CDC STAFF
Categories: 上映会 | 本の上の映画館 2008年1月 「フィルム・ノワールの誘惑 – walking on the wild side – 」 はコメントを受け付けていません。